ワクチン打ったのに・・・(インフルエンザワクチンについて)

一時期落ち着いていたように感じていましたが
今週はまた増えてきたインフルエンザ👿

ニュースでも時々紹介されていますが
今年は2種類のA型インフルエンザが同時に流行しているので
一度罹った人も「もう大丈夫!」とはいえないようです⚠️

先日当院でも
「9月にも罹ったんだけど・・・」と聞きながら
再度A型陽性となった方がみえました



そんなインフルエンザシーズンで話題になるのは

「ワクチン打ったのに・・」問題‼️


希望されるほとんどの方は
ワクチン接種を終えられていると思いますが

ワクチン接種後にも急な高熱でカラダのふしぶしが痛み
あの嫌な鼻グリグリをされたあげくに
やっぱりインフルエンザ!となる方もちらほらおられます

接種の予約や受診に手間がかかるし
自費ワクチンだし
しかもまぁまぁ痛いインフルエンザワクチンですが

「接種すれば罹らない」というほど優れたものではありません



ワクチンの効果は主に
①発症予防 と ②重症化予防 といわれますが

このインフルエンザワクチンの発症予防は
低い報告では約30%! 平均でも50~60% とされています

年齢によっても、その年度の報告によってもばらつきがありますが
思ったよりも低く感じられる方も多いのでは・・・


しかし、
重症化予防や死亡リスクの低下はデータにもちゃんと出ていますので
ワクチン接種と、適切な受診(検査)で
上手に対応していただきたいと思います👌



また
ワクチン接種の翌日から効果を発揮するものでもありません

ワクチンの効果は

約2週間は安定しません

接種後1~2ヶ月がピークで
そのあと徐々に低下して5~6ヶ月程度つづくとされています



そこで、やっぱり
感染症予防の王道は

手洗い・うがい・換気
インフルエンザの場合には 加えて 加湿🥛



これから年末年始に向けて
寒くなり、空気もますます乾燥してきます

忙しい時期でもありますので
どうぞみなさんご自愛ください😊


厚生労働省ホームページ内にも
インフルエンザワクチンQ&A コーナーがありますので
ご参考にどうぞ 🍀

  ▶️令和5年度インフルエンザQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

関連記事

  1. できるだけ流行らないでほしい・・・(ノロウイルス胃腸炎)

  2. 謎のブツブツ

  3. 微熱?高熱? [発熱についてのあれこれ]

  4. 11月14日は世界糖尿病デー

PAGE TOP